2013年02月27日

パトランプを駆動する時間の設定はどうやりますか?タイマー駆動式長距離無線回転灯警告システム

特定小電力無線受信機の中に、
以下の写真のようなダイヤル式のタイマーが内蔵されています。



パトランプ駆動時間設定用のタイマー。
ダイヤルを回して時間の長短を設定しますが、
出荷時に、
ダイヤルをめいいっぱい回したときに3分間、といった設定を行います。
最大で3分間に設定しますと、ダイヤルを半分回した状態で約1分半、
といった設定になります。
ご発注の際は、予め最長の時間をご指定いただければと存じます。

タイマー内蔵型ソーラー遠隔回転灯警告システム(特定小電力無線)

無線式押しボタン送信機のボタンを1回押すと、
無線で離れた回転灯を指定された時間だけ駆動することができます。
付近の歩行者や自転車などへ工事現場や建築現場から出てくるトラックやダンプカーなど作業車両の存在をしらせます。
ボタン送信機からパトランプまでの距離は100〜300mの範囲内です。

2013年02月10日

タイマー内蔵型ソーラー遠隔回転灯警告システム(特定小電力無線)

移動式の押しボタン送信機の操作で指定された時間だけパトランプを駆動することができます。
回転灯の電源はソーラー方式。電源の無い場所に回転灯を設置できます。


持ち運び押しボタン
送信機特定小電力無線送信機
電池式:単3電池2本

自動復帰型押しボタンスイッチ
※リセットボタンのような押しボタンです。
ボタンを押して、手を離すと、バネでボタンが押し戻されます。


特定小電力無線受信機。
固定式押しボタン送信機からの電波を受けて回転灯を作動させます。
受信機は防雨ケース収納。

電源は太陽電池。
受信機、回転灯へ電源を供給します。

回転灯駆動時間設定用のタイマー回路内蔵。
押しボタン送信機からの電波を受けると
予め設定された時間だけ、回転灯が駆動します。


タイマー内蔵型ソーラー遠隔回転灯警告システム(特定小電力無線)